表参道の歯科医院のブログ

Home > 審美  Archive

審美  Archive

人生が変わった日

もう、だいぶ前のことになるのですが、去年スペインのサンセバスチャンにDr.inakiのとこへ研修に行ってきました。


とても、優しく、また診療に対し折れない心で全ての患者さんの治療にあたる素晴らしい先生でした。
上の写真もわざわざお寿司を奥さんが買って来てくれて、一緒に食べようって言ってくれたり。


Inakiのお母さんが郷土料理のティピロネを作ってきてくれたりで、本当に毎日楽しい研修でした。


世間的には、審美インプラントで有名ですが、義歯やCRや圧排や印象など多岐に審美的で理論的で、しかも、僕のケースとかに対しても色々とディスカッションしてくれたりで、本当に勉強になりました。
今年も、また行く予定なので、凄くたのしみです。

期間的にも費用的にも、色々と厳しかったですが、英断だったと思います。
「Dr.inakiに出会えたことで、歯科医師人生がまた新たに始まった」と感じます。
通訳は、今回もつける予定ないので、とりあえず、英語の勉強頑張らないとですが。
— iPadから送信

ソケットプリザベーション+オーベイド

先日セットした患者さんの写真です。

↓フルマウスケースの前歯部


当院では、欠損に必ずしもインプラントばかりを埋入してるわけでは、ありません。接着性ブリッジやオーベイドも行ったりします。基本的に、その患者さんに最適と思われる治療法を選択するようにしてます。

↓拡大した写真


右上2番目は、
Bio-Ossでソケットプリザベーションを行い、
上皮付きの組織でキャップし、
ジルコニアブリッジで仕上げました。

なので、右上2番は欠損です。
ケースによっては、欠損にインプラントを用いないこともありかなと考え直しているとこです。今後も審美治療を追求したいと思います。
— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

咬合再構成

久しぶりのブログです。また、今月から更新していきたいと思います。
この患者さんは、矯正を2回行って、色々と治療してきてうまくいかなかったそうです。
そして、当院を受診。

初診日⬇


欠損は、インプラント、前歯部はジルコニア、臼歯部はE-max、矯正はASO ALIGNERで治療。

今、現在⬇


ブログでは、書ききれないほど、色々と考え治療を行いました。
今は、メンテナンスで通院されてるのですが、この状態をずっと保てるように患者さんと一緒にケアを行っていきたいと思います。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

ラミネートと美人 2

先日、ラミネートのセットでした。
試適までは、うまくいき、色々とセット前の準備まで終わり、いざセットという段階でラミが1枚破折!!再製作となりました、、。
かなりの勝負ケースだったので、いつもより力が入ってたのかもです。

↓表面処理


↓口腔内


来週に再セット予定です。
— iPadから送信

美人とラミネート

先日、上顎、右上3〜左上3までのラミネートの形成・印象を行いました。
顔立ちも整っているので、仕上がりが楽しみなケースです。

↓レーザーで歯肉整形後


↓正面観


天然歯をブリーチし、ガミーフェイスだったので、レーザーで歯肉を整形し、印象というパターンでした。

↓形成


↓歯肉圧排


↓印象


来週あたりのセットが楽しみです。
患者さんには、写真の掲載の許可はとってます。

— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

ORE

先週の3月17・18日に日本歯科大学富士見ホールで、OREという会が行われました。
ORE(Ocean Pacific Restorative of Esthetic Dentistry)とは、歯科界をリードするスタディークラブの代表である歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等が一同に会し、共通のテーマでディスカッションを行うオープンな会、言わば年に1回のお祭り的なイベントとして日本とハワイを舞台に隔年で開催する会です。

そこで、new generation というセッションで演者に選ばれたので、インプラント治療について発表してきました。2日間で約300名以上の人が参加し、僕は2日目の登壇でした。

↓講演風景


今まで発表してきた会の中で一番緊張した発表でしたが、予演会を何度も行ったおかげで無事に終えることができました。
予演会や、また準備を手伝ってくれたスタッフや仲間に感謝です。

↓演者の集合写真


— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

オールセラミック(単冠case)

本日はひな祭りですが、今日結婚式だという患者さんのcaseが3月1日にありました。

一度、試適は行ってるのですが、日程上絶対にsetまでいかないといけないcase!

昔から一緒に仕事している技工士さんがマスターピースを作ってくれました。

↓右上単冠ジルコニア


良い式となることを祈ってます。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

オールセラミック&ラミネート

先日、オールセラミック&ラミネートのコンビネーションのcaseがありました。
アンテリアガイダンスに問題がない場合に。よく行う審美治療です。

よく、ラミネートは外れるなどという話を聞きますが、ガイドのチェックをしっかりと行えば、大丈夫だと思います。その証拠に、ここ6年間一度もラミネートの脱離は経験したことがありません。

↓オールセラミック&ラミネートの形成時


また、近年はe-maxのラミネートも天然歯の状態によってはおこなっています。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

フルマウスケース

先日、上下インプラントを絡めたフルマウスケースのリマウント用の咬合採得でした。

下顎は臼歯部をe-maxで前歯部をジルコニア、上顎も同様のマテリアルで治療してるcaseです。

↓下顎ポジションインデックス

↓ピックアップ印象前


↓ピックアップ印象時


どうしてもフルマウスケースは、手順が煩雑化傾向にあるので、もっとシンプルな手順を技工士と考え中です。

— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

インダイレクト

僕は、最近矯正の先生と言われるのですが、そんなことはありません。
どちらかと言うと、インプラントや審美治療をメインで診療してます。

ただ、そんな中で、日々の診療で矯正を行うことはあるわけですが、その際にブラケットをボンディングする時により良いポジションにセットする為に、最近はインダイレクト法を取り入れてます。
インプラントでも、ノーベルガイドを取り入れてますが、それは矯正もインプラントもフリーで埋入や、ボンディングはできるのですが、ガイドを使用した方がより良い結果となるから取り入れてます。

↓インダイレクト


↓インダイレクト


— iPadから送信

場所:4丁目,横浜市,日本

Home > 審美  Archive

Search
Feeds
Meta
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

Return to page top