表参道の歯科医院のブログ

Home > Archives > 2012-02

2012-02

オールセラミック&ラミネート

先日、オールセラミック&ラミネートのコンビネーションのcaseがありました。
アンテリアガイダンスに問題がない場合に。よく行う審美治療です。

よく、ラミネートは外れるなどという話を聞きますが、ガイドのチェックをしっかりと行えば、大丈夫だと思います。その証拠に、ここ6年間一度もラミネートの脱離は経験したことがありません。

↓オールセラミック&ラミネートの形成時


また、近年はe-maxのラミネートも天然歯の状態によってはおこなっています。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

フルマウスケース

先日、上下インプラントを絡めたフルマウスケースのリマウント用の咬合採得でした。

下顎は臼歯部をe-maxで前歯部をジルコニア、上顎も同様のマテリアルで治療してるcaseです。

↓下顎ポジションインデックス

↓ピックアップ印象前


↓ピックアップ印象時


どうしてもフルマウスケースは、手順が煩雑化傾向にあるので、もっとシンプルな手順を技工士と考え中です。

— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

「マイウェイ」

今日は、珍しく映画の宣伝です。
当院の患者さんがプロモーションを行っている映画「マイウェイ」!
オダギリジョーさんとチャン・ドンゴンさん主演の映画です。
興味ある方は是非!


あらすじ
1928年、日本占領時代の朝鮮。全く境遇の異なる2人が、マラソンの良きライバルとして成長する。憲兵隊司令官の祖父を持ち、常に一番を目指す日本人の長谷川辰雄(オダギリジョー)。幼い頃から長谷川家の使用人として働きながら、マラソンにおいては辰雄のライバルとして共に育った朝鮮人のキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)。オリンピックの金メダルを夢見る2人だったが、いつしかその関係は国同士の戦いとなり、憎み合うようになる。やがて開催されたオリンピック選考会で事件が発生。ジュンシクは罰として日本軍に強制徴用されることになり、2人のオリンピックの夢は消えた。1939年、ノモンハンで2人は運命の再会を果たす。日本兵として戦うジュンシクのもとに現れた辰雄は、すっかり冷酷な軍人に変わっていた。戦場でも夢を捨てずに走り続けるジュンシクに激しい嫌悪を抱く辰雄は、ソ連への特攻隊にジュンシクを任命。辰雄は夢だけでなく、友情さえも捨て去ってしまう。死闘の末、敗北した日本兵はソ連軍の捕虜となるが、対ドイツの戦局が悪化し、決断を迫られる。“ソ連軍として戦うか、それとも死ぬか?”日本に自分のすべてを捧げてきた辰雄だったが、誇りを捨て、生きることを選ぶ。捕虜として経験する初めての戦場。そこで目にしたのは、特攻を強いるソ連将校の姿。その姿にかつての自分を重ね、生きる意味を考え始める。やがてドイツにも敗れ、辿り着いたのは故郷から遥か遠い大陸の果て。夢も友情も捨て、国と誇りを失くした辰雄。全てを失っても、それでも生きることを選んだのはなぜか?いかなる時も変わらないジュンシクに、生きる意味を気付かされる。もう一度、2人で故郷に帰ろうと決めたその時、非情にもノルマンディー上陸作戦の火蓋が切って落とされる。果たして、2人の運命は……?

↓劇中のワンカット


↓劇中のワンカット


— iPadから送信

Home > Archives > 2012-02

Search
Feeds
Meta
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

Return to page top