表参道の歯科医院のブログ

Home > 渋谷・インプラント Archive

渋谷・インプラント Archive

バーティカルサイナスリフト with all on 4

昨日は、久しぶりのall on 4 でした。
左側がどうしても傾斜でも厳しく、バーティカルサイナスリフトを行って臼歯部埋入併用でした。
K2キットを用いての歯槽頂アプローチでしたが、メンブレンも破れず、無事に終了。

↓アンカーピンを用いたTEK


↓調整済のノーベルガイド


このラジオグラフィックガイド=TEKという方法を用いるようになって、オペ終了からTEK提供まで約1時間となり患者さんにとっても、僕にとっても大変楽になりました。

来月は数ケース、フルマウスケースの埋入が予定されてるので、誠心誠意対応していきたいかと思います。

— iPadから送信

ターミネーター

先日は、かなり忙しい日でした。朝から有名な女優さん、お昼休みはプロ野球選手、夕方は、モデル、モデル、CAさんと気を使う人が多くクタクタでした。
特に女優さんで、映画、ドラマ、CM、雑誌にかなり出る人だと、明度もかなり細かいとこまで技工士さんと打ち合わせて、最終補綴物までもっていきますので、大変です。

そして、昨日はボーンアンカードブリッジのrebiteと粘膜のピックアップがありました。
フレームにレジンのteeth indexをのせたのが、ターミネーターみたいで、恰好よかったのでアップしときます!



いつも、僕の無理難題に応えてくれる技工士さんに感謝です。
今日も元気に頑張りたいと思います。

— iPadから送信

ORE

先週の3月17・18日に日本歯科大学富士見ホールで、OREという会が行われました。
ORE(Ocean Pacific Restorative of Esthetic Dentistry)とは、歯科界をリードするスタディークラブの代表である歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等が一同に会し、共通のテーマでディスカッションを行うオープンな会、言わば年に1回のお祭り的なイベントとして日本とハワイを舞台に隔年で開催する会です。

そこで、new generation というセッションで演者に選ばれたので、インプラント治療について発表してきました。2日間で約300名以上の人が参加し、僕は2日目の登壇でした。

↓講演風景


今まで発表してきた会の中で一番緊張した発表でしたが、予演会を何度も行ったおかげで無事に終えることができました。
予演会や、また準備を手伝ってくれたスタッフや仲間に感謝です。

↓演者の集合写真


— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

all on 4 in double nobelguide

去年の年末に行った all on 4 の抜糸が先日ありました。

↓オペ一週間後


ノーベルガイドを二つ用いた double nobelguide ope でした。
アンカーピンが戻りづらいとこがあり、少し時間はかかりましたが、無事にオペ終了で、経過も順調です。

色々と、all on 4 についてのことを聞きますが、適応症でちゃんとルール通りに行えれば、患者さんにとっての恩恵は凄く大きいと思います。

– iPadから送信

場所:T1 Arrival Crescent,シンガポール,シンガポール

スーパーエンド β&サージテル

最近の診療機器で、ヒットなのが、「サージテル」と「スーパーエンド β」診療が変わりました。

スーパーエンドは、EAOでなぜか展示されてて、デモしてみて感触良かったので、日本に帰り購入。バーティカル根充楽になりました。

そして、サージテル。イナーキにも、30才超えたら拡大境使わないといけないよと言われ、これも日本に帰り購入。

↓スーパーエンド β


↓サージテル


そういえば、この前山崎先生にも、マイクロを勧められたと思い出しましたが、、しばらく検討してみます。

医療は、投資産業です、、、。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

マイクロサージェリー

最近、マイクロのツールを用いた抜歯即時インプラントが続きます。
12月半ばも1ケース。
今年は、通常埋入が2ケース、抜歯即時が1ケース、上顎のall on 4 が1ケースが来月予定されてます。
ダブルサージガイドオペ、バーティカルサイナスなど色々とありますが、患者さんにとってベストな方法を選択し、今後も治療にあたりたいと思います。

↓抜歯即時のオペツール


↓抜歯即時のオペツール


— iPadから送信

場所:5丁目,渋谷区,日本

抜歯即時インプラント

先日、スペインで開業されているイナーキ・ガンボレナと同じ手順で右上2番の抜歯即時インプラントを行いました。

親知らずを他院で抜歯されていたので、上顎結節から大量の結合組織を採取できました。
技工士立会いで行ったのですが、日本の歯科の状況だと色々とやりづらい面もあるかなと思いました。Finalが楽しみなケースです。




今月、来月と前歯1本の抜歯即時が芸術家の人と女優さんの2ケースあるので、気合をいれていきたいと思います。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

「screw-retained VS cementedは永遠のテーマ」

11月5・6日とデンタルコンセプト21の総会でした。
一緒に審美治療を行っている技工士の枝川さんは、技工士セッションで、僕はドクターセッションでの発表でした。

All on 4 の新しいガイドオペのやり方や、補綴的なことを最初話そうかと考えていたのですが、今後の補綴の方向性もあり、インプラントのmaterial(e-max,zirconia)とscrew-retained,cementedについて発表しました。



まだまだ、自分なりにこの分野は追求していきたいと思ってるので、機会があればクラスフィケーションを行って、再度発表したいと思います。

— iPadから送信

場所:1丁目,渋谷区,日本

EAO 2011

昨日までギリシャのアテネで、世界最大級のインプラント学会のEAOでした。

初めての参加だったんですが、世界のインプラントの潮流を肌で感じて、とても良い経験でした。

↓ノーベルアクティブの新製品φ3.0mm


↓ストローマンの新製品


↓クインテッセンスのブース


ただ、色々なDrのスライドを見たのですが、日本人勢は全然負けてないなと思うとこは、多々ありました。もちろん、あり得なく凄い先生も多数いるのですが、、、、、。

日々精進して、いつの日かプレゼンできるようなドクターになりたいと思います。その前に英語の勉強が先ですが。

元EAOの会長のレノア先生とも話せたし、ガルデラやイザベラとも久しぶりに会えて良かったです。

— iPadから送信

場所:ペリシェ通り,ル・メニル=アムロ,フランス

After EAO 2011

EAOが終わってからは、三好先生夫妻と買い物したり、遺跡巡りを数時間ほどしました。

↓ゼウス神殿


学会では、講演を聴いてるだけなので、お腹が減らず、夕食までの数時間、みんなで散歩して、パルテノン神殿やゼウス神殿などを見てまわりました。

↓夕食のレストラン


↓レストランから見たパルテノン神殿


紀元前からの建造物なので、本当に凄く荘厳な感じでした。
あまりにも、凄かったんで、毎晩散歩して見に行ってしまいました。

— iPadから送信

場所:ペリシェ通り,ル・メニル=アムロ,フランス

Home > 渋谷・インプラント Archive

Search
Feeds
Meta
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

Return to page top